2018/04/22 21:15

石田ひかり、佐野勇斗は「素直ないい息子」 又吉原作「凜」プレミア上映

舞台挨拶を行った(左から)椿鬼奴、 石田ひかり、池田克彦監督
舞台挨拶を行った(左から)椿鬼奴、 石田ひかり、池田克彦監督

 [映画.com ニュース] お笑いコンビ「ピース」又吉直樹による舞台作品を、佐野勇斗(M!LK)と本郷奏多のダブル主演で映画化した「凜」が4月22日、沖縄で開催中の「島ぜんぶでおーきな祭 第10回沖縄国際映画祭」でプレミア上映された。出演の石田ひかりと椿鬼奴、池田克彦監督が、那覇・桜坂劇場で行われた舞台挨拶に出席した。

 同作は、「100年に1度、村から子どもが消える」という神隠しの伝説が伝わる村の学校を舞台にした青春群像サスペンス。高校生たちが“仲間が消える”という不思議な現象に脅かされる姿を描いた。不思議な雰囲気を持つ東京からの転校生・天童(本郷)は、クラスメイトの野田(佐野)と穏やかな日々を過ごしていたが、友人が次々と姿を消したことで天童に疑いの目が向けられていく。原作を手掛けた又吉が脚本監修として参加している。

 池田監督が「完成したのが実は2日前。皆さんの前で流させていただけるのは、感謝の気持ちしかありません」と挨拶すると、会場からはどよめきが。野田の母親役を演じた石田も驚いた様子を見せながら、「こんな素敵な作品に読んでいただいて、とても嬉しく思っております」と池田監督に謝辞を述べた。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

メッセンジャー役を引受けると運気上昇。自分も、人からの紹介...もっと見る >