2018/04/24 20:15

生田斗真、問題作「友罪」にかけた“尋常じゃない覚悟”告白 瑛太は“雨男”の存在を指摘

生田斗真×瑛太
生田斗真×瑛太

 [映画.com ニュース] 薬丸岳氏のミステリー小説を映画化する「友罪」の完成披露試写会が4月24日、東京・TOHOシネマズ日比谷で行われ、ダブル主演の生田斗真と瑛太をはじめ共演の佐藤浩市、夏帆、山本美月、富田靖子、メガホンをとった瀬々敬久監督が舞台挨拶に出席した。

 かつて世間を震撼させた少年犯罪に着想を得て創出された、重厚な社会派作品。ジャーナリストの夢に破れ町工場で働き始めた益田(生田)は、同じタイミングで入社した鈴木(瑛太)と出会い、次第に心を通わせていく。しかしあることがきっかけで、益田は「鈴木は17年前の連続児童殺傷事件の犯人では?」と疑いを持ち始める。

 生田は「はっきり言って問題作です」と断言し、「賛否両論も巻き起こると思っています。ですが監督の指揮のもと、すべてのキャスト・スタッフが尋常じゃない覚悟を持って向かった作品です」と矜持を告白。オファーを受けた際を「富田さんもおっしゃる通り、絶対にやらなくてはならない題材だと感じました」と話し、「製作中も、出来上がってからも、スタッフの皆さんと『作ってよかったのだろうか』と考えていました。しかし同じ時代に生きてきた者として、エンタテインメントとして表現することは必要だと、覚悟を持って挑むことにしました」と力強く語った。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

一人の時間を満喫できそう。あれこれ空想したり、好きな趣味に...もっと見る >