2018/04/25 10:00

A・ガーフィールド主演作、“世界一幸せ”に生きた全身マヒ男性の実話が9月公開

「ブレス 幸せの呼吸」、 監督はアンディ・サーキス (C)2017 Breathe Films Limited, British Broadcasting Corporation and The British Film Institute. All Rights Reserved
「ブレス 幸せの呼吸」、 監督はアンディ・サーキス (C)2017 Breathe Films Limited, British Broadcasting Corporation and The British Film Institute. All Rights Reserved

 [映画.com ニュース] 英俳優アンディ・サーキスの長編初監督作で、アンドリュー・ガーフィールドが主演した「Breathe」が、「ブレス しあわせの呼吸」の邦題で9月7日に公開されることが決定した。

 第71回ロンドン映画祭のオープニングを飾った本作は、「ブリジット・ジョーンズの日記」「エリザベス」のプロデューサー、ジョナサン・カベンディッシュが自身の両親の実話を映画化したヒューマンドラマ。父ロビンは1950年代にアフリカでポリオに感染し、首から下が全身マヒになり、人工呼吸器なしでは呼吸することができず、余命数カ月を宣告された。しかし、ジョナサンの思い出の中の両親は、笑顔とユーモアを絶やさず、外の世界へと飛び出していた。ロビンと妻ダイアナ、そして2人を支える兄弟や友人たちの絆を描き出す。

 「世界一幸せ」だと胸を張ったロビンの感動の逸話をスクリーンに描き出したのは、「ロード・オブ・ザ・リング」シリーズや「猿の惑星」シリーズでモーション・キャプチャー俳優として確固たる地位を築き、「ホビット」で第2監督を務めたサーキス。本作で長編監督デビューを果たした。ポジティブかつエネルギッシュに人生を謳歌したロビン役を「ハクソー・リッジ」でアカデミー賞主演男優賞にノミネートされたガーフィールド、無償の愛を注ぎ込んだ妻ダイアナ役をドラマシリーズ「ザ・クラウン」で人気のクレア・フォイが演じるほか、トム・ホランダー(「プライドと偏見」)や、ヒュー・ボネビル(「ダウントン・アビー」「パディントン」)らが脇を固める。

 「レ・ミゼラブル」の脚本家ウィリアム・ニコルソンが脚本を手がけ、オスカーに3度輝いた名撮影監督ロバート・リチャードソンがとらえた雄大なアフリカの風景や、50~60年代の英国のエレガントな暮らしも見どころとなっている。9月7日から東京・角川シネマ有楽町ほか全国で公開。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

人当たりは柔らかいけれど、内面は決してゆずらない今日のあな...もっと見る >