2018/04/25 20:10

健太郎&山田裕貴にハプニング!? 衣装が“縦縞”で被る「素材まで一緒」

健太郎&山田裕貴
健太郎&山田裕貴

 [映画.com ニュース] 若手俳優・健太郎が長編映画初主演を飾った「デメキン」のDVDリリース記念イベントが4月25日、東京・渋谷のHMV&BOOKS TOKYOで行われ、健太郎と共演の山田裕貴が出席した。

 お笑いコンビ「バッドボーイズ」の佐田正樹が自らの不良時代をつづった小説を、三池崇史作品で助監督として活躍した山口義高監督のメガホン、「百円の恋」「14の夜」の足立紳による脚本で映画化。周囲から“デメキン”と呼ばれいじめられていた正樹(健太郎)が、福岡最大勢力の暴走族「福岡連合」を率いる総長へと登りつめるさまを描く。

 撮影からちょうど1年が経過したが、正樹の親友・合屋厚成役の山田は「1年経った気がしないよね。久々な感じもあまりしない」と語る。一方で衣装を見比べ「たまたま(同じ)縦縞という。すごくないですか」と目を丸くし、健太郎も「素材まで一緒」と笑っていた。

 さらに、クランクイン前の衣装合わせで初対面した際のエピソードも飛び出した。健太郎が「助監督さんから『山田裕貴は、主役が健太郎ということでバッチバチに気合い入れてきているから、やばいよ』と。そんなこと言われたら、こっちも燃え上がっちゃう。だからちょっと距離をおいていました」と振り返れば、山田は「その時の自分の心は『めちゃめちゃ仲良くなりたい。早く話したい』だったのに」と唇を噛んだ。アクション練習では健太郎の顔に山田の右フックが直撃するハプニングもあったそうで、山田は「主演の顔に当ててしまったというショックで、またしゃべりづらくなる、という悪い連鎖」と苦笑を浮かべていた。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

目的が同じ仲間を集めて、グループ活動を始めてみよう。趣味の...もっと見る >