2018/04/27 12:00

【映画プロデューサー・北島直明を知ってるか!? 第3回】かつて夢中になった原作を映画化することの意義

 [映画.com ニュース] 「ちはやふる 結び」を興行収入16億円超え(4月23日時点)の大ヒットに導いた北島直明プロデューサーだが、一息つく間もなく各所を飛び回り、慌しい毎日をおくっている。連載第3回となる今回は、北島氏がかつて夢中になって読み耽った人気少女漫画「ママレード・ボーイ」をいかにして実写映画化するに至ったのか、そして北島氏が尊敬する2人のプロデューサーの存在についてご紹介していきます。

 「ママレード・ボーイ」(集英社刊)は、1992~95年に「りぼん」で連載されていた大人気漫画だ。それも、ありきたりな恋愛ものではなかったことが、現在でも多くの層から熱い支持を集める所以といえよう。物語は、2組の夫婦がパートナーを交換し共同生活をおくる様子と、各夫婦の子どもである光希と遊(桜井日奈子&吉沢亮)が織り成していく恋愛模様を描いている。

 中学生時代に原作の大ファンだった北島氏だが、今作を製作するうえで浮上してくるのが2人のプロデューサーの存在だ。今作でエグゼクティブ・プロデューサーを務める小岩井宏悦氏と、プロデューサーとして名を連ねる松橋真三氏。これまでにヒット作、話題作を多く手がけてきているが、それが北島氏を魅了する最大要因ではない点が興味深い。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

ちょっとしたユーモアが幸運を招くカギ。まわりの人を笑わせて...もっと見る >