2018/04/27 14:00

カンヌ最高賞「ザ・スクエア」監督、「北欧社会で“男であること”も描きたかった」

(C)2017 Plattform Prodtion AB / Societe Parisienne de Production / Essential Filmproduktion GmbH / Coproduction Office ApS
(C)2017 Plattform Prodtion AB / Societe Parisienne de Production / Essential Filmproduktion GmbH / Coproduction Office ApS

 [映画.com ニュース]理想的な父親像の崩壊を題材にした「フレンチアルプスで起きたこと」のリューベン・オストルンド監督の新作で、昨年、第70回カンヌ映画祭コンペ部門に初ノミネートで最高賞のパルムドールを受賞した「ザ・スクエア 思いやりの聖域」が4月28日公開する。今作は現代アートの世界を舞台に、格差や差別などの社会問題と、高いモラルをもった人間の理想と現実を鋭くユーモラスに描いた風刺映画だ。来日したオストルンド監督に話を聞いた。

--映画のタイトルでもある、設置された四角形の枠内では「すべての人が平等の権利を持ち、公平に扱われる」というアート作品を発表されたことがこの映画を作るきっかけになったそうですね。

 「『ザ・スクエア』が私が初めて手掛けたアートプロジェクトです。とはいえ、私はアート作品というより、横断歩道の交通標識のようなものだと思っています。2011年に若い少年の集団同士の強盗事件を扱った『プレイ』(第24回東京国際映画祭で上映)という映画を作りました。それは、繁華街のモールで実際に起こった事件からインスピレーションを受けたものですが、裁判記録を読むと、日中に大人がいたにもかかわらず、大人は止めようとせず、被害者の少年たちもほとんど助けを求めようとしなかった。社会学で言うところの、傍観者効果というものです。そこで、私と友人は、何か人間として助け合おう、傍観者効果を打ち破るようなシンボルを作りたいと思い立ち、社会契約、例えば横断歩道のように、道に白線があるだけで車は止まり、歩行者に注意するというようなアート作品として発表しました」

今日の運勢

おひつじ座

全体運

突飛な行動をとってしまいそうな日。場をわきまえないと、変な...もっと見る >