2018/04/28 13:20

桜井日奈子、母からの手紙に感涙 吉沢亮はハンカチ手渡しで紳士的フォロー

27日に全国293スクリーンで封切り
27日に全国293スクリーンで封切り

 [映画.com ニュース] 吉住渉氏による人気少女コミックを映画化した「ママレード・ボーイ」の公開記念舞台挨拶が4月28日、東京・丸の内ピカデリーで行われ、ダブル主演の桜井日奈子と吉沢亮をはじめ、共演の佐藤大樹、優希美青、筒井道隆、谷原章介、中山美穂、メガホンをとった廣木隆一監督が舞台挨拶に出席した。

 27日に全国293スクリーンで封切られた今作は、互いの両親が離婚し、しかもパートナーを交換して再婚したことから共同生活を送ることになった男女の恋愛模様を描く。等身大の健気なヒロイン・光希役の桜井は、初主演映画の公開に「クランクインする前から、舞台挨拶を妄想していました。今日、それがかなって本当に嬉しい」とほほ笑み、「作品をひとつ作るのに、どれだけたくさんの人の思いが詰まっているか。それを強く感じました。たくさんの人の愛が詰まった作品です」と自信をみなぎらせた。

 クールだが優しさを秘めた松浦遊役の吉沢も、「今までの舞台挨拶とは違った心境。いつもはドキドキするんですが、今日は神妙というか、この日が来るんだなというか」といい、「改めてたくさんの人に見てもらいたいです」と呼びかける。一方で桜井は、現場を振り返り「精神的な面でもお芝居の面でも、引っ張っていただいた」と感謝を示し、「デビューしてそんなに経っていないなかで、廣木監督や中山さん、谷原さん、筒井さん、檀れいさんたちとご一緒できて、女優業をやっていくなかで糧になる経験でした」と充実感を噛み締めた。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

何事もハッピー気分で楽しめる一日。ポジティブシンキングでい...もっと見る >