2018/04/28 21:00

美術家・会田誠氏、カンヌ受賞作「ザ・スクエア」のネット炎上描写に「心がぞわぞわした」

美術館を舞台にした作品について語った会田誠氏
美術館を舞台にした作品について語った会田誠氏

 [映画.com ニュース]美術家の会田誠氏が4月28日、ヒューマントラストシネマ有楽町で行われた「ザ・スクエア 思いやりの聖域」初日トークショーに来場した。

 「フレンチアルプスで起きたこと」で注目された鬼才リューベン・オストルンド監督の最新作となる本作は、2017年・第70回カンヌ国際映画祭で最高賞となるパルムドールを獲得したヒューマンドラマ。アート界で成功を収めた男性がさまざまなトラブルに見舞われる様子を痛烈な笑いを込めて描き、他者への無関心や欺瞞、階層間の断絶といった現代社会の問題を浮き彫りにした。

 「僕はオストルンド監督の悪意は好き」と語る会田は、本作を大変気に入ったそうで、「現代美術館のチーフキュレーターが主人公のイヤ~な感じの(褒めてます)映画がカンヌ最高賞っていう、その構図自体が、あまりに日本と違う(ネット炎上とか同じところもあるけど)。この善かれ悪しかれの違い、今観ておくべきだと思いますよ」とコメントを寄せていた。さらにツイッター上でも「俺が作ったのかと思うくらいの業界への嫌味」と語ったり、猿の物まねをするパフォーミング・アーティストがパーティで暴走する場面について「あれは僕の(やりたくてもやれない)理想像だ…」と語ったりするなど、共感する場面も非常に多かったという。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

雑誌をチェックして、映画やコンサート、アート系の展覧会に出...もっと見る >