2018/04/29 19:00

はかなくも情熱的な美しき男たちの純愛映画10選

「君の名前で僕を呼んで」など名作を厳選 (C)Frenesy, La Cinefacture
「君の名前で僕を呼んで」など名作を厳選 (C)Frenesy, La Cinefacture

 [映画.com ニュース] 美青年たちの恋愛模様を描き、今年の賞レースをにぎわせた「君の名前で僕を呼んで」が日本でも公開を迎えた。社会全体としてLGBTQへの関心が高まりつつあるなか、映画でも同性愛を題材にした作品が存在感を増している。そこで今回は「美しき男たちの純愛映画」を紹介する。

▽「君の名前で僕を呼んで」(2017)
 1980年代の北イタリア、17歳の少年エリオが、24歳の大学院生オリヴァーと出会い、初恋にして、ひと夏の恋を経験する。才能がほとばしるエリオ役のティモシー・シャラメと、気品たっぷりに心の機微を表現したオリヴァー役のアーミー・ハマーのケミストリーは、見事のひと言に尽きる。第90回アカデミー賞で脚色賞を受賞した、89歳の巨匠ジェームズ・アイボリーのみずみずしい感性が冴えわたる。

▽「モーリス」(1987)
 前述のジェームズ・アイボリーが、約30年前に脚本・監督を手がけた文芸ロマン。20世紀初頭のケンブリッジ大学、中産階級出身の学生モーリス(ジェームズ・ウィルビー)は、上流階級のクライヴとプラトニックな恋愛関係になるが……。クライヴ役は、90年代の“ロマコメの帝王”ヒュー・グラント。製作30周年を記念した4Kデジタル修復版「モーリス 4K」が4月28日からリバイバル公開。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

一人の時間を満喫できそう。あれこれ空想したり、好きな趣味に...もっと見る >