2018/04/30 05:00

星野源&高橋一生&高畑充希が痛快時代劇で共演 無理難題の“引っ越し”に挑む!

原作は「超高速!参勤交代」で 知られる土橋章宏氏の小説
原作は「超高速!参勤交代」で 知られる土橋章宏氏の小説

 [映画.com ニュース] 「超高速!参勤交代」シリーズの脚本を手がけた土橋章宏氏の時代小説「引っ越し大名三千里」(ハルキ文庫刊)が、主演・星野源、共演に高橋一生と高畑充希を迎えて実写映画化されることが決定した。「のぼうの城」「猫は抱くもの」(6月23日公開)の犬童一心監督がメガホンをとり、“引っ越し”を題材とした痛快エンタテインメント時代劇として製作される。

 「引っ越し大名三千里」は、生涯に7回もの国替え(引っ越し)を命じられた実在の大名・松平直矩(まつだいら・なおのり)をモデルにした物語。莫大な費用がかかる無理難題の引っ越しをせねばならないお国の一大事を救うため、姫路藩の藩士たちがあらん限りの知恵と工夫で乗り切ろうとするさまを描く。

 俳優、音楽家、文筆家と多彩なジャンルで才能を発揮してきた星野は、主人公の書庫番で“引っ越し奉行”の片桐春之介役に挑戦する。オファー当時「時代劇の主演だというのでどんなシリアスな役柄だろうと身構えた」という星野だが、その役どころが「引きこもり侍」だったため「楽しい作品になりそうだと非常にワクワクしました」という。「(春之介は)本を読むのが大好きで、人と接するのが苦手な男です。そんな内気な男が“引っ越し奉行”として無理やり引っ張り出されたことをきっかけに、人と接し、悩み、協力し、己の才能を開花させていきます」と物語の一端を説明すると「脚本を読み、その痛快かつ胸が震えるようなストーリーに驚きました」と個性的なストーリーを絶賛している。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

言葉でうまく表現できない時は、黙っていた方がよさそう。でも...もっと見る >