2018/04/30 08:00

「ダイ・ハード」の前日譚に「死霊館」脚本家コンビ

チャド&ケイリー・ヘイズが執筆 (C)2013 Twentieth Century Fox
チャド&ケイリー・ヘイズが執筆 (C)2013 Twentieth Century Fox

 [映画.com ニュース] ブルース・ウィリス主演の人気アクションシリーズの最新作「ダイ・ハード 6(仮題)」の脚本を、大ヒットホラー映画「死霊館」を手がけた双子の兄弟脚本家コンビ、チャド&ケイリー・ヘイズが執筆することが、米Tracking Boardによって明らかになった。

 「トランスフォーマー」シリーズのロレンツォ・ディ・ボナベンチュラ製作のもと、2007年公開のシリーズ第4作「ダイ・ハード4.0」に続きレン・ワイズマン監督がメガホンをとる本作は、主人公ジョン・マクレーンの現在と過去を織り交ぜて描くユニークなスタイルの前日譚。1970年代、ニューヨーク市警の新人警官としてパトロール勤務についていた若かりし日々が物語の中心となるようだが、自身の過去を振り返る現在のマクレーン役で、ウィリスが復帰することも正式に決まっている。

 実在の心霊研究家ウォーレン夫妻が遭遇する心理現象を描いた米ニューライン・シネマの大ヒットホラーシリーズ第1作「死霊館」(13)とその続編「死霊館 エンフィールド事件」(16)のほか、05年のリメイク版「蝋人形の館」、ヒラリー・スワンク主演のスーパーナチュラル・スリラー「リーピング」(07)、グレッグ・ルッカによるグラフィックノベルを、ケイト・ベッキンセール主演で実写映画化したサスペンス・スリラー「ホワイトアウト」(09)など、ホラーテイストの作品を数多く手がけてきたヘイズ兄弟。現在は、ヘンリー・ジェームズの怪奇小説「ねじの回転」を、「ブレードランナー 2049」で注目を集めた女優マッケンジー・デイビス主演で映画化する新作ホラー「The Turning(原題)」の脚本の執筆にあたっている。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

やや身動きがとりにくい日。腰は重いのに、理屈ばかり並べてい...もっと見る >