2018/05/01 15:30

「娼年」女優陣、松坂桃李との濡れ場の舞台裏を告白!

(左から)三浦大輔監督、佐々木心音、 荻野友里、大谷麻衣
(左から)三浦大輔監督、佐々木心音、 荻野友里、大谷麻衣

 [映画.com ニュース] 第126回直木賞候補となった石田衣良氏の小説を、松坂桃李主演、三浦大輔監督で映画化した「娼年」(公開中)のトークイベントが4月28日に東京・渋谷シネパレスで開催され、三浦監督、出演者の荻野友里、佐々木心音、大谷麻衣が参加した。

 無気力な毎日を送っていた大学生・森中領(松坂)が、会員制ボーイズクラブのオーナー、御堂静香(真飛聖)に見いだされ、“娼夫リョウ”として女性たちの欲望と向き合っていくさまを描く。荻野、佐々木、大谷はそれぞれ、リョウの“客”を演じている。

 激しい濡れ場が話題を呼んでいる本作だが、三浦監督は、「最初の咲良(冨手麻妙)とのシーンは、カットをしっかり決めて1つひとつの行為を丁寧に撮り、ヒロミ(大谷)とのシーンは表情を追ってリョウの心情の変化を描き、泉川夫妻(西岡徳馬・佐々木)ではあまりカットを割らずに一連の動作で見せて、主婦(荻野)との場面は、行為自体に重きを置くというよりは彼女の感情に寄り添うようにしました。やみくもに撮っているわけではないです(笑)」と意図を解説。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

アグレッシブに行動できる日。変化を恐れずにチャレンジすると...もっと見る >