2018/05/02 10:00

クルーニー×コーエン兄弟「サバービコン」の裏テーマとは?ピーター・バラカンが解説

50年代の米国について解説
50年代の米国について解説

 [映画.com ニュース] オスカー俳優ジョージ・クルーニーが監督を務め、「ノーカントリー」のジョエル&イーサン・コーエン兄弟が脚本を手がけた「サバービコン 仮面を被った街」のトークイベントが、5月1日に都内で開催。ブロードキャスターのピーター・バラカンが登壇し、映画の舞台となる50年代の米国社会について解説した。

 「オデッセイ」のマット・デイモン、「キングスマン ゴールデン・サークル」のオスカー女優ジュリアン・ムーア、「エクス・マキナ」のオスカー・アイザック、「ワンダー 君は太陽」(6月15日公開)のノア・ジュプら、旬のスターが集結したサスペンスタッチのドラマ。1950年代の郊外住宅で実際に起きた人種差別暴動をモチーフに、一見平和な町・サバービコンで巻き起こる奇妙な事件を描く。

 コーエン兄弟のファンというバラカンは、「コーエン兄弟はひねくれたコメディを作ってきましたが、今回はあまりにブラックで笑えない。深刻なんです」と一見からりとした雰囲気の本作に隠されたほの暗さ・えぐみについて指摘。「移民に対する排他的な考えなど、トランプ時代のアメリカをすごく思わせる。ジョージ・クルーニーは、そのあたりについて考えてほしいと思ったのでは。トランプが輝かしいと思い込んでるのは、実はこういうことだったという話」と本作に込められた風刺性・問題提起について語り、「アメリカは社会的に進んでいる部分がありますが、保守的だなと思うことも多い。どこの国でも田舎に行けば行くほど保守的になるものですが、アメリカも例にもれず、今さらに拍車がかかっている気がします」と評した。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

やや身動きがとりにくい日。腰は重いのに、理屈ばかり並べてい...もっと見る >