2018/05/04 07:00

“21世紀の前衛”が日本初登場 アルベルト・セラ特集上映開催

「私の死の物語」(13)の一場面 (c)RomanYnan
「私の死の物語」(13)の一場面 (c)RomanYnan

 [映画.com ニュース]日本初登場となるアルベルト・セラ監督作品「ルイ14世の死」の公開(5月26日)に先駆け、セラ監督の過去作とお気に入り映画を集めた特集上映「<21世紀の前衛>アルベルト・セラ お前は誰だ!?」が、5月19日から、シアター・イメージフォーラムで開催される。

 スペイン・カタルーニャ出身で、“21世紀の前衛”と呼ばれ、ヨーロッパで大きな注目集める映画作家であるセラ監督は、長編第1作「騎士の名誉」以来、歴史上など、良く知られた人物を題材に、唯一無二の世界観で映画を創造し、世界を驚かせつづけている。映画のみならず、戯曲の執筆、映像によるインスタレーション、パフォーマンスを手掛ける異才。2013年にはパリのポンピドゥーセンターにて大規模な回顧展が開催され、2018年2月にはベルリンのフォルクスビューネ劇場でイングリット・カーフェン、ヘルムート・バーガーを主演に迎えた舞台「リベルテ」を初演し、喝采を浴びた。名優ジャン=ピエール・レオを主演に迎え、長編4作となる「ルイ14世の死」が日本での劇場初公開作となる。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

人当たりは柔らかいけれど、内面は決してゆずらない今日のあな...もっと見る >