2018/05/04 08:00

菅田将暉&土屋太鳳に“笑いの神”が降臨!「となりの怪物くん」PRで吉本新喜劇初出演

とんでもない表情も
とんでもない表情も

 [映画.com ニュース] 菅田将暉と土屋太鳳が5月2日、主演映画「となりの怪物くん」(公開中)のプロモーションのため大阪を訪問。なんばグランド花月での吉本新喜劇にサプライズ出演するなど、日常に“笑い”が息づく大阪で今作をアピールした。

 吉本新喜劇には初出演の2人。なんばグランド花月に到着後、公演前の新喜劇メンバーと顔合わせや本読みを行った。緊張気味に控え室に入った菅田&土屋だが、内場勝則座長らの丁々発止のやり取りや、山田花子の「どうも、上戸彩です」というボケを受け、笑顔をこぼすなどリラックスした様子。劇の流れを確認する本読みでは、大阪出身の菅田が表情を輝かせながらセリフを発したほか、土屋が内場座長らに差し入れを手渡すひと幕もあった。

 本番間際の菅田に話を聞くと、憧れの新喜劇というだけに「今までにない緊張感がありますね」と真剣な眼差し。顔合わせを「みなさんが段取りをされている感じを見て、ドキドキしましたし、かっこよかったですね。宝物を見つけた少年のように、テンションが上がっていました」と声を弾ませ、本番に向け「ワクワクしています。頑張る、ともまた違う。夏のプールで、ウォータースライダーの順番待ちをしている感覚です」と武者震いを見せた。土屋は「母が四国出身で、新喜劇はいつも見ていたそうです。私がデビューしてから11年ですが、今まで報告してきたお仕事のどれよりも、母が喜んでいました」と笑い、「(本番前の心境は)自転車に乗れない子どもが、頑張ってこいでる感じ」と独特の表現で語ると、菅田は「めっちゃ必死やん(笑)! 新喜劇の舞台に土屋太鳳がいる、というだけで面白い。いい意味で浮くから」とフォローを入れていた。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

アグレッシブに行動できる日。変化を恐れずにチャレンジすると...もっと見る >