2018/05/06 12:00

「サバービコン」ジョージ・クルーニー監督が衝撃!マット・デイモンの意外な役作りとは?

本作で監督作は6作目 (C) 2017 SUBURBICON BLACK, LLC. ALL RIGHTS RESERVED.
本作で監督作は6作目 (C) 2017 SUBURBICON BLACK, LLC. ALL RIGHTS RESERVED.

 [映画.com ニュース] オスカー俳優ジョージ・クルーニーが、監督6作品目となる「サバービコン 仮面を被った街」(公開中)について語ったインタビュー映像が、公開された。

 「ノーカントリー」のジョエル&イーサン・コーエン兄弟が脚本を手がけ、「オデッセイ」のマット・デイモン、「キングスマン ゴールデン・サークル」のオスカー女優ジュリアン・ムーア、「エクス・マキナ」のオスカー・アイザック、「ワンダー 君は太陽」(6月15日公開)のノア・ジュプが集結したサスペンスタッチのドラマ。1950年代の郊外住宅で実際に起きた人種差別暴動をモチーフに、一見平和な町・サバービコンで巻き起こる奇妙な事件と、町に隠されたどす黒い闇をシニカルに描く。

 「スーパー・チューズデー 正義を売った日」「ミケランジェロ・プロジェクト」など、監督としても手腕を発揮してきたクルーニー。本作では、「オーシャンズ11」で共演するなど、親交の深いデイモンを起用しているが、「(デイモンが)“意識高い系”な感じで来るかと思えば、現場入りした当初から少し太り気味でね。撮影中も(スナック菓子の)ドリトスを山のように食べ続けたせいで、どんどん太っていくから面白かったよ」と笑い、通算7度目となるデイモンとのタッグを心から楽しんだ様子を見せる。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

言葉でうまく表現できない時は、黙っていた方がよさそう。でも...もっと見る >