2018/05/07 19:30

【国内映画ランキング】「名探偵コナン」V4でゴールデンウィーク制す

GW興行を制す (C)2018 青山剛昌/名探偵コナン製作委員会
GW興行を制す (C)2018 青山剛昌/名探偵コナン製作委員会

 [映画.com ニュース] 5月5~6日の国内映画ランキング(全国週末興行成績・興行通信社提供)が発表された。ゴールデンウィーク後半の週末興行を締めくくったのは好調「名探偵コナン ゼロの執行人」。週末2日間で観客動員41万8000人、興行収入5億5200万円を稼ぎ、4週連続首位を獲得した。ファミリーを中心に幅広い層を動員し続け、累計動員は479万人、興収は62億円を突破している。

 2位は「アベンジャーズ インフィニティ・ウォー」がキープ。週末2日間で動員26万6000人、興収4億0800万円をあげ、累計動員は171万人、興収は25億円を超えた。

 新作「ラプラスの魔女」は3位に初登場。同作は、東野圭吾のベストセラー小説を三池崇史監督、櫻井翔、広瀬すず、福士蒼汰の初共演で映画化したサスペンスミステリー。5月4日から全国323スクリーンで公開され、土日2日間で動員20万8000人、興収2億7800万円を記録した。これは昨年公開され、最終興収14.6億円を記録した広瀬出演「三度目の殺人」の興収比119.3%となっている。公開から3日間では動員37万3000人、興収4億9500万円を記録しており、まずは興収15億円超えが期待できる好スタートを切った。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

エネルギッシュに行動するけど、無理をしすぎる傾向も。何事も...もっと見る >