2018/05/07 23:05

ディーン・フジオカ、鶴田真由の“インドネシア単独行動”に驚がく!

舞台挨拶を盛り上げたディーン・フジオカ、 鶴田真由ら
舞台挨拶を盛り上げたディーン・フジオカ、 鶴田真由ら

 [映画.com ニュース] 深田晃司監督とディーン・フジオカが初タッグを組んだ映画「海を駆ける」の完成披露試写会が5月7日、東京・新宿テアトルで行われ、深田監督とフジオカをはじめ、共演の太賀、阿部純子、鶴田真由が上映前の舞台挨拶に出席した。

 バンダ・アチェの海岸で、片言の日本語やインドネシア語を話す謎の男(フジオカ)が発見される。震災復興の仕事をしている日本人・貴子(鶴田)と息子・タカシ(太賀)は、その男にラウ(=インドネシア語で「海」の意味)と名付け、保護することに。正体不明の男・ラウが、数々の不思議な奇跡と事件を巻き起こしていくさまを描く。

 「驚きがいっぱいあった作品」と撮影の日々を振り返ったフジオカは「どれだけ器になれるか。ラウというアートインスタレーションみたいなものを、自分の体や声、存在を通じて表現する」と役作りで重視した点を説明。さらに、インドネシアのバンダ・アチェでのオールロケに関して「気が狂ってるなと思ったんです(笑)」と告白した。「アチェの歴史を知っていけば知っていくほど、僕が言っていることも冗談ではないと感じるはず。インドネシアの中ではあるんですけど、外国のイメージがある。良い意味で“狂った人たち”ともいえる同志と作品を作れて、アチェに行けたことは誇りに思います。不思議な体験でしたね」と感慨深げに語っていた。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

コミュニケーション運好調。オモシロそうな人を見つけたら、明...もっと見る >