2018/05/07 23:50

町山智浩氏、巨匠リドリー・スコットを語る 「ゲティ家の身代金」製作で脅迫も

「ゲティ家の身代金」の製作裏話を 披露した町山智浩氏
「ゲティ家の身代金」の製作裏話を 披露した町山智浩氏

 [映画.com ニュース] 巨匠リドリー・スコットがメガホンをとり、アメリカで実際に起きた誘拐事件を描いた「ゲティ家の身代金」の公開を記念し5月7日、映画評論家の町山智浩氏によるトークイベントが東京・神楽座で行われた。

 映画の題材は、1973年に石油で財を成した大富豪ジャン・ポール・ゲティの孫ポールが誘拐され、日本でも大きく報じられた事件。ゲティは、50億ドルの資産を持ちながら身代金1700万ドルの支払いを拒否。ポールの母ゲイルは、息子のためゲティと対立しながら誘拐犯と対峙することになり、やがて事件は思いがけない方向へと進んでいく。完成間際の2017年11月、当初ゲティ役だったケビン・スペイシーがスキャンダルによって降板。急きょクリストファー・プラマーが同役に起用され、第90回アカデミー賞助演男優賞にノミネートされた。

 町山氏は、今作のスペイシー降板による撮り直しにかかった費用は10億円にのぼったといい、スコット監督が「(スペイシーを)『ぶっ殺したいよ!』って言ってました(笑)」と告白。スコット監督は、取り直しに際してゲイル役のミシェル・ウィリアムズと、そのアドバイザー役のマーク・ウォールバーグの報酬に大きな差があったことを知らず激怒していたといい、「リドリー・スコットはフェミニスト映画のパイオニア。『テルマ&ルイーズ』や『エイリアン』、『G.I.ジェーン』もそう。どうして女の人が悪い男をぶちのめす映画ばかりなんですかと聞いたら、彼のお母さんがそういう人だったと言っていました。お父さんは軍でいなくて、お母さんはやんちゃ坊主を2人抱えて頑張っていた。(今作も)頑張るお母さんの話なんです」と解説した。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

雑誌をチェックして、映画やコンサート、アート系の展覧会に出...もっと見る >