2018/05/08 10:00

オスカー脚本家アーロン・ソーキン、初監督作「モリーズ・ゲーム」を語りつくす!

ジェシカ・チャステインの存在感を絶賛 (C) 2017 MG's Game, Inc. ALL RIGHTS RESERVED.
ジェシカ・チャステインの存在感を絶賛 (C) 2017 MG's Game, Inc. ALL RIGHTS RESERVED.

 [映画.com ニュース] 「ソーシャル・ネットワーク」でオスカーに輝いた脚本家アーロン・ソーキンが、映画監督デビューを飾った「モリーズ・ゲーム」について語ったインタビュー映像が、公開された。

 オリンピック候補のトップアスリートから、26歳にしてセレブが集う高額ポーカールームの経営者へと転身した異色の経歴を持つモリー・ブルームの実話を、「女神の見えざる手」「ゼロ・ダーク・サーティ」のジェシカ・チャステイン主演で映画化。ブルーム本人が手がけた回顧録をソーキン監督が脚色し、第75回ゴールデングローブ賞では主演女優賞(ドラマ部門)と脚本賞候補に選出され、第90回アカデミー賞でも脚色賞にノミネートされた。

 ソーキンは、「友人がモリー(・ブルーム)の本を送ってきて、『これを読んで、彼女に会ってみないか』と言ってきた。すごく読み応えがあって、驚いたよ。彼女の才能に感心して、会うのが楽しみになったんだ」と製作を志したきっかけを明かす。「ある晩、彼女と飲むことになってね。モリーの話を聞いているうちに見えてきたのは、本で読んだのとは別のストーリーだった。本で描かれていたのは、真相の一部でしかなかったんだ」。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

一人の時間を満喫できそう。あれこれ空想したり、好きな趣味に...もっと見る >