2018/05/08 13:00

「ミューズとその反撃を描いている」「ファントム・スレッド」ヒロイン像を映画ライターが分析

 [映画.com ニュース] ポール・トーマス・アンダーソン監督とオスカー俳優ダニエル・デイ=ルイスが再タッグを組み、第90回アカデミー賞の衣装デザイン賞を受賞した「ファントム・スレッド」の最速試写会イベントが5月7日都内であり、映画評論家でライターの森直人氏、映画ライターでコラムニストの新谷里映氏がトークを行った。

 映画は1950年代のロンドンを舞台に、オートクチュールの仕立て屋レイノルズ・ウッドコック(ルイス)と若きウェイトレス、アルマ(ビッキー・クリープス)の危うくも美しい恋の駆け引きを描いたラブストーリー。

 本作を2度鑑賞した新谷氏は「1回目は、何もかも美しく、完璧主義のアンダーソン監督のすごい作品を見たという印象で、こういう男と女の愛の形があるのかと純粋に受け止めた。ドレスや、メゾンの建物の中を確認したかったので2回目を見ましたが、2回目は(劇中で)彼女が何をするのか知っているので、女の計算高さとか、幸せを手に入れるための努力、そういうところに目がいった」と別の角度からの感想を語る。さらに、「アルマは20代だし、普通は60代のおじさんについていかないと思う」「イギリスは階級社会なので、結婚相手で人生が決まる。彼に声をかけてもらったことは心の中ではガッツポーズだったのでは」とヒロインの女性らしいしたたかさを強調した。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

日頃のストレスが体調に出やすい日。無理をしないで休んだり、...もっと見る >