2018/05/08 14:30

【全米映画ランキング】「アベンジャーズ インフィニティ・ウォー」がV2 C・セロン主演コメディが6位に

「アベンジャーズ インフィニティ・ウォー」 (C)Marvel Studios 2018
「アベンジャーズ インフィニティ・ウォー」 (C)Marvel Studios 2018

 [映画.com ニュース]先週末の全米ボックスオフィスは、前週オープニング興収の新記録で首位デビューを果たした「アベンジャーズ インフィニティ・ウォー」が2週目にもかかわらず1億ドル超の興収を維持し、再び首位に立った。

 同作の10日間での累計は約4億5000万ドルを記録、全世界ではすでに10億ドルを軽く突破し11億6400万ドルとなっている。最終興収は現段階では北米で7億ドル、全世界で20億ドルが見込まれているが、果たしてどこまで近づけるか。ちなみに歴代興収1位のジェームズ・キャメロン監督「アバター」(09、10年)は北米で約7億6000万ドル、全世界で約27億8790万ドルを稼いでいる。

 約1475万ドルのOP興収で初登場2位となったのは、メキシコのスター、エウヘニオ・デルベスとアンナ・ファリス共演のラブコメディ「Overboard」。リッチで高慢なプレイボーイのメキシコ人・レオナード(デルベス)は、ヨットの清掃にきたケイト(ファリス)を邪険に扱い、賃金を払わず返してしまう。だがその後レオナードは船外(Overboard)に転落し記憶喪失になり入院。それを知ったケイトは復讐するために「レオナードは自分の夫」と嘘をつき、家に住まわせ子供たちの世話などをさせるが……というストーリー。ゴールディ・ホーン&カート・ラッセル共演による「潮風のいたずら」(1987年/ゲイリー・マーシャル監督)を男女を逆にしてリメイクした作品で、レビューはそれほど良くなかったが、デルベス主演作では昨年公開の「How to be a Latin Lover」のOP興収約1230万ドルを上回る過去最高のスタートとなった。共演はエバ・ロンゴリア、ジョン・ハナ。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

元気よく自分をアピールすると、好感度アップ。体育会系のノリ...もっと見る >