2018/05/09 03:00

千眼美子、1年半ぶりにイベント登場 元気な姿にファン号泣

元気な姿に涙を流すファンの姿も
元気な姿に涙を流すファンの姿も

 [映画.com ニュース] 女優で宗教家の千眼美子(本名・清水富美加)が5月8日、都内で行われた改名後初となる出演映画「さらば青春、されど青春。」の公開&主題歌発売記念トークイベントに出席。「こんばんわ~!」と満開の笑顔で手を振り、「1年半ぶりに、こうしてみなさんと触れ合う場。すごく久々で、ドキドキしています。今日も最高の笑顔で楽しめたらなと思います」と元気に話す様子に、会場に詰めかけた観客のなかには涙を流すファンの姿もあった。

 昭和50年代の東京が舞台。故郷を離れ大手商社に就職した中道真一(大川宏洋)には、学生時代に霊的覚醒を体験したことを機に、神々とコンタクトをとっているという秘密があった。ある日、同僚の額田美子(千眼)と惹かれ合うが、2人にはある試練が待ち受けていた。

 本格的に女優に復帰したが、千眼は「“清水富美加時代”から幸福の科学製作の映画はずっと出てみたいと思っていて。(オファーは)素直に嬉しく思いました」と振り返り、「今回は仕事ができて、みんな憧れの美人という役。今までは奇抜な役が多くて、ザ・王道の役はチャレンジですし、美人の役が一番つらい」と苦笑い。役との共通点を問われると「(役は)愛している人のためには自分が身を引くこともできる」としたうえで、「私はもうちょっとワガママで、こんな風にはできない、と思いながら演じていました」と語った。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

やや身動きがとりにくい日。腰は重いのに、理屈ばかり並べてい...もっと見る >