2018/05/09 07:00

葵わかな&佐野勇斗「青夏」撮了! 観客に届けたいのは“恋する気持ち”

1カ月にわたる撮影を終えた葵と佐野 (C)2018映画「青夏」製作委員会
1カ月にわたる撮影を終えた葵と佐野 (C)2018映画「青夏」製作委員会

 [映画.com ニュース] 南波あつこ氏の人気漫画を、葵わかなと佐野勇斗の主演で映画化する「青夏 きみに恋した30日」が、このほどクランクアップを迎えた。葵と佐野は「撮影は春でしたが、実際に夏休みを過ごし、次は秋が来るのではと思えるくらいちゃんと夏休みを体験できた1カ月でした」(葵)、「すごく大変な撮影も多かったのですが、周りの皆さんに支えられて毎日楽しく撮影が出来ました」(佐野)と充実の日々を過ごしたようだ。

 夏休みを田舎で過ごすことになった都会育ちのイマドキ女子・理緒(葵)と、地元のクール系イケメン・吟蔵(佐野)の恋模様を描く。4月2日にクランクインした本作は、理緒が夏休みの間過ごすことになる自然豊かな田舎を再現するために、三重県を中心にオールロケを敢行。同世代のキャストが多い現場では、待機時間も互いの写真を撮り合ったり、撮休の日には観光に出かけるなど、劇中さながら、同級生や地元仲間のような仲の良さで、終始にぎやかな雰囲気に包まれていた。クランクアップ当日は、メガホンをとった古澤健監督が、葵と佐野に花束をプレゼント。2人が古澤監督と固い握手を交わすと、盛大な拍手が巻き起こった。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

インスピレーションを大切に。理由がなくてもピンときたことに...もっと見る >