2018/05/09 17:00

カンヌ2冠「ビューティフル・デイ」本編映像公開!「レディオヘッド」メンバーが音楽担当

「ファントム・スレッド」の音楽で オスカー候補に (C)Why Not Productions, Channel Four Television Corporation, and The British Film Institute 2017. All Rights Reserved. (C) Alison Cohen Rosa/Why Not Productions
「ファントム・スレッド」の音楽で オスカー候補に (C)Why Not Productions, Channel Four Television Corporation, and The British Film Institute 2017. All Rights Reserved. (C) Alison Cohen Rosa/Why Not Productions

 [映画.com ニュース] 「少年は残酷な弓を射る」のリン・ラムジー監督と「her 世界でひとつの彼女」「ザ・マスター」のホアキン・フェニックスが組み、2017年・第70回カンヌ国際映画祭で男優賞と脚本賞を受賞した「ビューティフル・デイ」の本編映像が、公開された。

 行方不明者を捜索するプロフェッショナルで元軍人のジョー(フェニックス)が、怪しげな依頼を引き受けたことから窮地に陥るさまを、独自の映像表現とバイオレンス描写を絡めて描く。音楽を、人気バンド「レディオヘッド」のメンバーで、「ファントム・スレッド」でオスカー候補に選出されたジョニー・グリーンウッドが担当している。

 映像では、フードを目深にかぶったジョーが、路地を歩いているといきなり男になぐりかかられ、あっという間に返り討ちにするさまが描かれる。その後、ジョーは何事もなかったかのようにタクシーに乗りこみ、空港に向かう。ガス・バン・サント監督新作「Don't Worry, He Won't Get Far on Foot(原題)」では四肢まひの漫画家、「Mary Magdalene(原題)」ではキリスト、さらにバットマンの宿敵・ジョーカー役も控える演技派フェニックスが、超然とした表情で異様な雰囲気を醸し出すジョーを怪演している。ラムジー監督の卓越した映像センスと、グリーンウッドの“間”が印象的な音楽が見る者をひきつける内容だ。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

自信を無くしがちだけど、思っているほど状況は悪くないはず。...もっと見る >