2018/05/10 05:00

野村萬斎×池井戸潤 「七つの会議」主演で初のサラリーマン役、全ての日本人に働くことの“義”問う

 [映画.com ニュース] 狂言師で俳優の野村萬斎が、人気作家・池井戸潤氏の企業犯罪小説を福澤克雄監督が映画化する「七つの会議」に主演し、初のサラリーマン役に挑むことが明らかになった。また、香川照之、及川光博、片岡愛之助、音尾琢真、立川談春、北大路欣也という今までの池井戸作品を支えてきた豪華な俳優陣が顔をそろえ、現代に生きる全ての日本人に働くことの「義」とは、そして守るべき信念とは何かを問いかける。

 昨年後半の話題をさらったドラマ「陸王」をはじめ、「下町ロケット」や「オレたちバブル入行組」などで企業の矛盾、働く人々の葛藤や絆など、身近な視点を題材に作品を発表し続けてきた池井戸氏の意欲作が映画化されることになった。「結果がすべて」という旧態依然とした考え方が今も続く会社が物語の舞台。社内で起きたパワハラ騒動をきっかけに、そこに隠されたある謎が会社員たちの人生、会社の存亡をも揺るがすことになる。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

雑誌をチェックして、映画やコンサート、アート系の展覧会に出...もっと見る >