2018/05/11 04:00

舘ひろし「終わった人」の現場で「あぶデカ」時代のポリシーを封印!

舞台挨拶を盛り上げた舘ひろし
舞台挨拶を盛り上げた舘ひろし

 [映画.com ニュース] 舘ひろしが主演した映画「終わった人」の完成披露試写会が5月10日、東京・有楽町の東京国際フォーラムで行われ、舘のほか、共演の黒木瞳、広末涼子、田口トモロヲ、ベンガル、原作者の内館牧子、中田秀夫監督が、上映前の舞台挨拶に登壇。原作小説の「定年って生前葬だな…」という衝撃的な書き出しにちなみ、ステージ上には盛大な生花祭壇が設えられていた。

 約20年ぶりの共演となった舘と黒木は、本作で夫婦役に初挑戦。「これまでは“受ける”芝居が多かったんですが、今回は攻撃的。アドリブも許されていて、どちらかというとフラフラとした芝居だったんです」と振り返った舘は「黒木さんが、わりと正統派の芝居をしてくれたので、やりやすかったです。黒木さんを信じて、この映画に挑みました」と厚い信頼をにじませた。一方、黒木は「本当の舘さんは、優しくてダンディ、気配りが上手。かゆいところに手が届くような素敵な方なんです」と前置きしてから「(劇中の役どころは)その真逆でかゆくもないところをかいてくれる人(笑)。全く違う舘さんを現場で見ることができて、とても新鮮でした」と撮影を心から楽しんだようだ。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

元気よく自分をアピールすると、好感度アップ。体育会系のノリ...もっと見る >