2018/05/11 12:00

これがARを活用したスパイ最新訓練法!?「アメリカン・アサシン」本編映像公開

ディラン・オブライエンが若きスパイに (C) 2018 Lions Gate Films Inc. All Rights Reserved.
ディラン・オブライエンが若きスパイに (C) 2018 Lions Gate Films Inc. All Rights Reserved.

 [映画.com ニュース] 「メイズ・ランナー」シリーズのディラン・オブライエンと、「スパイダーマン ホームカミング」のマイケル・キートンが共演したスパイアクション「アメリカン・アサシン」の本編映像が、公開された。

 ビンス・フリン氏による累計売上げ約2500万部を誇るベストセラー小説「ミッチ・ラップ」シリーズを、人気ドラマ「HOMELAND」のマイケル・クエスタ監督が映画化。無差別テロで恋人を亡くした青年ミッチ・ラップ(オブライエン)が、CIAの対テロ極秘スパイチームにスカウトされ、任務と私怨の間で苦悩するさまを描く。キートンは、CIAの冷徹な教官スタンに扮する。

 映像では、CIAにスカウトされたミッチが、訓練に励むシーンが切り取られている。訓練生たちはAR(拡張現実)ゴーグルを装着し、一般人の間から突如出現するテロリストを正確に仕留められるか、スタンによって判断される。ターゲットを撃てば得点となり、外した場合は電気ショック、ターゲット以外を撃つとより強いショックが与えられるため、訓練生たちは緊迫感を全身に漂わせ、訓練に挑む。そんななか、スタンはミッチを試そうと、ミッチの恋人のかたきだが、狙撃対象ではないテロリストの映像を投影させる。にくき相手を見つけたミッチは思わずテロリストを撃ってしまい、激しい電気ショックに顔をゆがめる。

 オブライエンが徹底的な肉体改造に励み、たくましい二の腕を披露しているほか、従来のイメージとは異なる鬼気迫る演技を見せている。一方、「スパイダーマン ホームカミング」ではビラン(悪役)を怪演したキートンが、情け容赦なく訓練生を鍛え上げる鬼教官に扮している。

 「アメリカン・アサシン」は、6月29日から全国公開。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

アグレッシブに行動できる日。変化を恐れずにチャレンジすると...もっと見る >