2018/05/11 14:30

「戦争に勝者はいない」 シリアのラジオ局を映したドキュメンタリー「ラジオ・コバニ」監督に聞く

 [映画.com ニュース]イスラム国(IS)との戦闘により瓦礫と化したシリア北部の街コバニで、手作りのラジオ局を立ち上げた大学生たちの姿を中心に、復興を目指すコバニの人々に降りかかった激動の3年間を追ったドキュメンタリー「ラジオ・コバニ」が5月12日から公開される。クルド人のラベー・ドスキー監督が、作品と撮影時の状況を語った。

 コバニはクルド人民防衛隊(YPG)と連合軍の支援により、2015年1月に解放されたが、数カ月にわたる戦闘により街の大半が瓦礫と化してしまった。そんな中、友人とラジオ局を立ち上げた大学生のディロバン・コバニは、ラジオ番組「おはようコバニ」をスタートさせる。番組では生き残った人々、戦士、詩人などの声が放送され、街を再建して未来を築こうとする人々に彼女の番組が希望と連帯感をもたらしていく。

--「おはよう コバニ」をどのようにして知ったのか、そしてディロバン・コバニを主人公に映画を撮るに至った経緯を教えてください。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

やや身動きがとりにくい日。腰は重いのに、理屈ばかり並べてい...もっと見る >