2018/05/12 12:00

朝倉あき、三浦貴大の“包容力”に全幅の信頼「柔らかく受け止めてくれる」

朝倉あきと三浦貴大
朝倉あきと三浦貴大

 [映画.com ニュース] 第39回モスクワ国際映画祭で2冠に輝いた「四月の永い夢」が5月12日、東京・新宿武蔵野館で封切られ、主演の朝倉あき、共演の三浦貴大、メガホンをとった中川龍太郎監督が舞台挨拶に出席した。

 3年前に恋人を亡くした27歳の女性・滝本初海(朝倉)が、心に抱えていた喪失感から緩やかに解放されていく姿を描いたヒューマンドラマ。高畑勲監督作「かぐや姫の物語」の主演声優としても知られる朝倉は、初海に恋する志熊藤太郎に扮した三浦の“包容力”に全幅の信頼を寄せる。「私がどんなにヘマをしても、柔らかく受け止めてくれるだろうと、安心感がありました。(自身は)撮影中は自然と口数が少なくなり、演技をしている以外は隅っこで静かにしていました。撮影した国立や富山は素敵な場所。背景に溶け込みたくて、演じている以外は、ぼーっとしていました。そういうとき、三浦さんがすごく話しかけてくださった」と感謝を伝えた。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

一人の時間を満喫できそう。あれこれ空想したり、好きな趣味に...もっと見る >