2018/05/12 14:30

役所広司「孤狼の血」公開に万感の表情 松坂桃李「忘れられない作品」

 [映画.com ニュース] 役所広司の主演最新作「孤狼の血」が5月12日、全国337館で封切られた。役所をはじめ松坂桃李、江口洋介、真木よう子、ピエール瀧、音尾琢真、中村倫也、阿部純子、原作者の柚月裕子氏、白石和彌監督は、東京・丸の内TOEI1での舞台挨拶に顔をそろえた。

 暴対法成立以前の昭和63年、広島の架空都市・呉原が舞台。やくざとの癒着が噂される刑事・大上章吾(役所)と捜査二課の新人・日岡秀一(松坂)が、激化していく暴力団同士の抗争に直面するさまを描く。1978年に「無名塾」に入塾した役所は、今年俳優生活40周年。本作への参加について「40年目に出合えて幸せでした」と思いの丈を述べると、濡れ場ばかりの「娼年」に主演した松坂を見て「松坂君は40年後、全裸で仕事しているんじゃないでしょうか(笑)」と言葉を投げかけ、場内の笑いを誘った。

 松坂は「30歳になるという節目で、役所さんともう1度共演できて、こうも早く白石さんと仕事ができた。僕の中では忘れられない、特別な作品」と胸中を吐露。役所とは劇中で“バディ”という関係性だったことから「親のような、師匠のような、それこそ大先輩でもあります。大きく、ぶ厚く、やはり遠い存在だなと感じました。(撮影の期間は)かけがえのない大事な時間でした」と振り返っていた。そんな松坂について、役所は「ラストシーンまで繊細に役を積み重ねていく。真っ直ぐな目の力は、共演していて頼もしい」と絶賛していた。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

雑誌をチェックして、映画やコンサート、アート系の展覧会に出...もっと見る >