2018/05/12 15:30

AKIRA、「MIFUNE」ナレーションで「用心棒」の台本を待ち受けに「お守りです」

舞台挨拶に立ったAKIRA、香川京子ら
舞台挨拶に立ったAKIRA、香川京子ら

 [映画.com ニュース] 三船敏郎さんのドキュメンタリー映画「MIFUNE:THE LAST SAMURAI」が5月12日、東京・有楽町スバル座で封切られ、出演した女優の香川京子、司葉子、三船さんの長男・史郎さん、ナレーションを務めた「EXILE」のAKIRAが初日舞台挨拶を行った。

 黒澤明監督の「七人の侍」「用心棒」、稲垣浩監督の「宮本武蔵」などに焦点を当て、1991年に「収容所の長い日々 日系人と結婚した白人女性」でアカデミー賞短編ドキュメンタリー映画賞を受賞したスティーブン・オカザキ監督が三船さんの実像に迫った作品。これまで世界各国の映画祭で上映されてきたが、香川は「日本ではいつ公開されるのか、心待ちにしていた。本当にうれしい」と目を細めた。

 三船さんとは数多くの作品で共演し、「豪快な印象がありますけれど、本当に繊細で困っている人がいると手伝ってあげようという気持ちをいつも持っていらした。すごい努力家でもあって、台本を見ている姿を見た人がいないというくらいセリフはすべて入っていた」と思い出を吐露。同じく「七人の侍」が公開された1954年に東宝に入社した司も、「懐かしいことばかり。台風で成城のご自宅の近くの川が氾濫(はんらん)した時、ご自身のボートを引っ張ってきて人命救助をしていましたよ」と武勇伝を披露した。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

ロマンチックな気分の日。恋愛映画をみたり、音楽に浸って過ご...もっと見る >