2018/05/12 17:15

中山美穂、5年ぶり主演映画封切りに声詰まらせる「ホッとしました」

感激で声を詰まらせた中山美穂
感激で声を詰まらせた中山美穂

 [映画.com ニュース] 中山美穂が約5年ぶりに映画主演を務めたラブストーリー「蝶の眠り」が5月12日、東京・角川シネマ新宿で公開初日を迎え、中山をはじめ共演のキム・ジェウクをはじめ、音楽監督を務めた新垣隆氏、メガホンをとったチョン・ジェウン監督が舞台挨拶に立った。

 アルツハイマー病に侵された女性作家(中山)と、韓国人留学生(キム)の年の差純愛を描いた今作。万雷の拍手で出迎えられた中山は、感激の面持ちで「撮影は2年前。拍手を受けて、ホッとしました」と声を詰まらせる。観客に向け「感じたままに見ていただけるだけで、私は嬉しいです」と思いを込め、「監督があちこちに伏線を張っている場面がたくさんあります。私も(今作を)いっぱい見ましたが、見れば見るほど『こういうことだったんだ!』と気づきがあります。よかったらまた、ご覧ください」と真摯に呼びかけた。

 一方のキムは、出演作が日本公開されたことに「日本は子どものころに暮らしていた特別な国。なんとも言えない感情です」と感慨無量。初共演となった中山については「中山美穂は実在するのか」と思ったそうで、その理由を「(中山主演作)『Love Letter』は、韓国では誰でも知っている映画。中山さんと僕が映画を撮るんだと言うことが、実感できなくて。最初に会ったときの印象は、死ぬまで忘れないと思います」と説明した。これに中山は「初めて衣装合わせでお会いしたときに、私はガン見したらしいです」と応じ、キムは「その瞬間は、空気が止まりましたね。目が本当に大きい女優さんが僕をじっと見て……。時間がすごく長く感じました」と感慨深げに振り返っていた。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

素晴らしくカンがいい日。自分を信じて直感で行動しよう。なぜ...もっと見る >