2018/05/13 13:00

パトリック・シュワルツェネッガー、父アーノルドから学んだバイタリティを語る

映画初主演を果たした パトリック・シュワルツェネッガー (C)MOTO
映画初主演を果たした パトリック・シュワルツェネッガー (C)MOTO

 [映画.com ニュース] 国境を超えてリメイクされるということは、それだけ物語が魅力的だということだ。映画「ミッドナイト・サン タイヨウのうた」は、2006年に歌手のYUIが主演した日本映画「タイヨウのうた」のリメイク。ヒロインが色素性乾皮症(XP)という難病を抱えていること、恋をして忘れられないひと夏を過ごすこと、ギターで弾き語ることなど、オリジナル版の設定を生かしながら新しいラブストーリーとして生まれ変わった。(取材・文/新谷里映)

 主演はディズニー・チャンネルのヒットドラマシリーズ「シェキラ!」を経て、現在は若手女優として注目を浴びるベラ・ソーンと、アーノルド・シュワルツェネッガーを父に持つパトリック・シュワルツェネッガー。パトリックにとって「ミッドナイト・サン」は初のメジャー主演作。ヒロインのケイティ(ソーン)と恋に落ちるチャーリー役はオーディションで勝ち取った。

 「何よりもストーリーにひかれたんだ。太陽にあたることのできないXPという病気を踏まえたとても美しいラブストーリーで、そのなかにはユニークさもあって、これまで出合ったことのない物語だった。けれど、誰もが経験する恋を描いているから、そこに自分自身を重ねることができる。みんなに響く要素が詰まっている。もちろん僕自身にも響いたよ。オーディションを2回ほど受けた後でベラとの読み合わせがあった。もともと彼女と知り合いだったこともあって、ベラと一緒だったからこそ演技も撮影も楽しむことができた。俳優としてもひとりの人間としても成長できたと思うよ」と嬉しそうに語る。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

雑誌をチェックして、映画やコンサート、アート系の展覧会に出...もっと見る >