2018/05/15 11:00

ドゥニ・ビルヌーブ監督「デューン 砂の惑星」の初稿完成を報告

ドゥニ・ビルヌーブ監督 Photo by Pascal Le Segretain/Getty Images
ドゥニ・ビルヌーブ監督 Photo by Pascal Le Segretain/Getty Images

 [映画.com ニュース]「メッセージ」「ブレードランナー 2049」のドゥニ・ビルヌーブ監督が、リブート版「デューン 砂の惑星」の制作準備に間もなく取りかかることを明らかにした。

 同作は、SF作家フランク・ハーバートの小説「デューン 砂の惑星」とそれに続くシリーズの映画化プロジェクト。「フォレスト・ガンプ 一期一会」でアカデミー賞脚色賞を受賞したエリック・ロスが脚本を執筆しており、レジェンダリー・エンタテインメントが製作、2部作として映像化される予定になっている。

 カンヌ国際映画祭に審査員として参加中のビルヌーブ監督は、母国カナダのLa Press紙に進捗状態を聞かれ、「エリック・ロスが初稿を書き上げて、僕が手を加えている」と、既に初稿が完成していることを明らかにした。「ここまで楽しいのは、『灼熱の魂』以来だよ!」と仕上がりは順調のようで、まもなくプリプロダクションに入る予定だという。なお前後編の2作を同時に撮影したいが、コストがかかりすぎるため1作ずつ製作することになったという。

 原作シリーズは、デューンと呼ばれる砂に覆われた惑星アラキスを舞台に、抗老化作用を持つ香料メランジを巡る争いと権力闘争を描く壮大な叙事詩。1984年にデビッド・リンチ監督が「砂の惑星」として映画化している。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

ちょっとしたユーモアが幸運を招くカギ。まわりの人を笑わせて...もっと見る >