2018/05/15 14:45

宮崎駿監督、高畑勲監督との別れに涙「ありがとう」「忘れない」関係者1200人が見送る

 [映画.com ニュース] 4月5日に死去した高畑勲監督(享年82歳)の「お別れの会」が5月15日、 東京・三鷹の森ジブリ美術館で営まれた。午前の部には、宮崎駿監督、鈴木敏夫プロデューサーら関係者約1200人が参会し、高畑監督に最後の別れを告げた。

 「お別れの会」は、宮崎監督と鈴木氏の「ジブリとして盛大なお別れの会で見送りたい」という言葉を受け、高畑監督が愛したジブリ美術館で行われることになった。祭壇も、宮崎監督の「高畑勲監督を野に咲く花たちで囲みたい。高畑監督の作品にあるどれかでもなく『祭壇風』でもない。ただ温かみのある草花たちで包み込みたい」という思いを反映。美術館内の階段が無数の花で彩られ、その中央に穏やかな笑みを浮かべる高畑監督の写真が遺影として飾られた。

 開会の辞を務めたのは、高畑監督の東映動画(現・東映アニメーション)時代からの盟友である宮崎監督。「パクさんは95歳まで生きると思いこんでいた。そのパクさんが亡くなってしまった。自分にもあまり時間がないんだなと思う」と話し、「1963年。パクさんが27歳、僕が22歳の時、僕らは初めて出会いました。初めて言葉を交わした日のことは、僕は今でもよく覚えています。黄昏時のバス停で、僕は練馬行きのバスを待っていた。雨上がりの水たまりの残る通りを、1人の青年が近づいてきた。穏やかで賢そうな青年の顔が目の前にあった。それが高畑勲ことパクさんに初めてあった瞬間だった。55年前のことなのに……なんてはっきり覚えているのだろう」と言葉を詰まらせながら、2人の出会いを振り返る。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

メッセンジャー役を引受けると運気上昇。自分も、人からの紹介...もっと見る >