2018/05/17 15:00

吹き替え担当・千葉雄大「ピーターラビット」は“みんなが思い描く映画”じゃない!

 [映画.com ニュース] シリーズ累計発行部数2億5000万部を記録した書籍を、初めて映画化した「ピーターラビット」が、5月18日から公開される。“かわいいだけじゃない”をテーマに、いたずら好きでやんちゃなウサギ、ピーターの冒険をユーモアたっぷりに描き、世界興行収入は約3億3000万ドル(5月15日現在)の大ヒットを記録。続編も決定した人気作に“日本代表”として声を吹き込んだ千葉雄大に、話を聞いた。

 「ANNIE アニー」のウィル・グラック監督がメガホンをとった本作。青いジャケットがトレードマークのうさぎ・ピーターと、心優しい女性ビア(ローズ・バーン)が暮らす家の隣に、神経質な男性マグレガー(ドーナル・グリーソン)が引っ越してくる。マグレガーがビアにひかれていることに気づいたピーターは、恋のライバルを都会に追い返そうとする。

 「帝一の國」「兄に愛されすぎて困ってます」「亜人」など話題作に立て続けに出演し、「映画 妖怪ウォッチ シャドウサイド 鬼王の復活」では声の出演を果たすなど、多方面に活躍している千葉。本作では、無鉄砲なピーターにみなぎる“若々しさ”を声で体現し、ピーター役として主題歌にも挑戦。「個人的には、100パーセント(力を)出せた」と胸を張る。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

メッセンジャー役を引受けると運気上昇。自分も、人からの紹介...もっと見る >