2018/05/18 09:00

“特別な顔”の少年が人々を笑顔に 「ワンダー」本ビジュアル公開!

温かみに満ちた物語が展開 (C)2017 Lions Gate Films Inc. and Participant Media, LLC and Walden Media, LLC. All Rights Reserved.
温かみに満ちた物語が展開 (C)2017 Lions Gate Films Inc. and Participant Media, LLC and Walden Media, LLC. All Rights Reserved.

 [映画.com ニュース] 「美女と野獣」の製作陣が、全世界800万部を売り上げた人気小説を映画化した「ワンダー 君は太陽」の本ビジュアルが、公開された。

 「ウォールフラワー」では監督、「美女と野獣」では脚本を手がけたスティーブン・チョボウスキーが監督・脚本を担当し、「ルーム」や「プレデター」シリーズの新作「ザ・プレデター(原題)」(今秋公開)のジェイコブ・トレンブレイ、「エリン・ブロコビッチ」のジュリア・ロバーツ、「ミッドナイト・イン・パリ」のオーウェン・ウィルソン、「サバービコン 仮面を被った街」や「ア・クワイエット・プレイス(原題)」(今秋公開)のノア・ジュプといった人気俳優が顔をそろえた本作。生まれつき人と違う顔をもつ少年・オギー(トレンブレイ)が学校に通い始め、周囲の人々と共に成長していくさまを描く。世界興行収入は約3億ドルのヒットを記録している。

 ポスターでは、オギーが初登校するシーンが切り取られている。両親(ウィルソン、ロバーツ)と姉ヴィア(イザベラ・ビドビッチ)、愛犬デイジーに見守られながら学校に向かうオギーは、周囲の反応を恐れているのかヘルメットをかぶったままだ。映画では、このシーンの後、ついにオギーがヘルメットを外し、未知の世界へ飛び出していく姿が描かれる。

 本作は、オギーをはじめとしたさまざまなキャラクターの視点で構成されており、今回のポスターで切り取られたシーンは、すべてのきっかけとなる場面でもある。ポスターには、「やさしさの半分は勇気でできている。」というキャッチコピーが添えられ、オギーが発揮する“勇気”が物語の重要なキーであることが明示されている。

 「ワンダー 君は太陽」は、6月15日から全国公開。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

考えすぎて神経質になってしまいそう。周囲の影響にも敏感なの...もっと見る >