2018/05/19 12:00

健太郎×甲斐翔真×若林時英「覚悟はいいかそこの女子。」参戦!ドラマ化も決定

主演・中川大志の幼馴染み役に! (C)椎葉ナナ/集英社 (C)2018映画「覚悟はいいか そこの女子。」製作委員会 (C)2018ドラマ「覚悟はいいか そこの女子。」製作委員会
主演・中川大志の幼馴染み役に! (C)椎葉ナナ/集英社 (C)2018映画「覚悟はいいか そこの女子。」製作委員会 (C)2018ドラマ「覚悟はいいか そこの女子。」製作委員会

 [映画.com ニュース] 中川大志の主演で、椎葉ナナ氏の人気漫画を映画化する「覚悟はいいかそこの女子。」の追加キャストが発表され、「デメキン」の健太郎、「仮面ライダーエグゼイド」の仮面ライダーパラドクス(パラド)役で注目を集めた甲斐翔真、「ソロモンの偽証」(2部作)の若林時英が出演することが決定。中川扮する“愛されイケメン”古谷斗和の同級生かつ幼馴染みの3人を演じる。

 女性に囲まれてチヤホヤされながら育った斗和は、自分はモテると思っていたが、実は交際経験ゼロで、同級生から「所詮、お前は観賞用男子だ」と指摘される。悔しさのあまり「彼女作ります宣言」をして、学年一番人気の女子・三輪美苑に告白するも、あえなく撃沈。それでもめげずにアプローチを続けるなかで、斗和は美苑の優しさを知り、本気の恋に落ちていく。

 「ルームロンダリング」(7月7日公開)、「コーヒーが冷めないうちに」(9月21日公開)、「ういらぶ。」(11月公開)も控える健太郎は、データ至上主義で黒縁メガネが特徴的な奥手男子・新見律(にいみ・りつ)役に挑戦した。「(律は)4人の中で一番物事を客観視できていて、タブレットを取り出してデータを調べたり、自分の意見をしっかりと言えるキャラクター」と分析しつつ「でも、高校生男子のおバカな部分も持っているので、その混在を演じるのはとても楽しかったです」と告白。メガホンをとった井口昇監督とは「仲の良い4人組の空気を大事にしよう」と話し合ったようで「実際に皆とても仲が良く、常に笑っている楽しい現場でした。それがお芝居にも反映できたのが良かったです」と語っている。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

目的が同じ仲間を集めて、グループ活動を始めてみよう。趣味の...もっと見る >