2018/05/20 07:35

「いつでもアマチュア精神で」山崎努の俳優哲学 「モリのいる場所」で画家、熊谷守一に

(C)2018「モリのいる場所」製作委員会
(C)2018「モリのいる場所」製作委員会

 [映画.com ニュース]映画史に残る黒澤明、伊丹十三監督作をはじめ、枚挙に暇のない傑作で唯一無二の存在感を見せ、日本を代表する名優のひとりとして知られる山崎努。13年ぶりとなる最新主演作「モリのいる場所」(公開中)で、憧れの人と公言する画家、熊谷守一に扮した。

 「守一さんに関する書物は全部読んでいます。30年間一歩も自宅から出なかったという生き方をしている人がいるというところに惹かれました。そして、もちろん作品も。それから、自伝を読んだりして、晩年だけではなく、絵描きになる前や、なってからの人生にも触れていきました」

 沖田修一監督の作品への出演は「キツツキと雨」(12)に続き2作目。モリという愛称で呼ばれる熊谷守一が、樹木希林が演じる妻の秀子らと過ごす晩年のある1日を、ユーモラスに描いていく。画家の人生を追うのではなく、その人となりや生活模様を活写した。

 「伝記映画ではないので、実際の守一さんとは全く違うキャラクターの、我々が作ったモリを演じました。沖田監督の最初の作品『南極料理人』は極地があって、そこにかかわる人物の話。どうも彼は、場所が作品の大事な要素になっていて、今回は、モリが極地なのだと思います。モリが南極で、それにかかわっていく秀子夫人をはじめ、お手伝いの美恵ちゃんなど、全てが描かれていく。だから、僕はその極地の役割だったと思うのです」

今日の運勢

おひつじ座

全体運

自信を無くしがちだけど、思っているほど状況は悪くないはず。...もっと見る >