2018/05/21 11:00

「ワイルド・スピード9」の脚本家が決定 新鋭を抜擢

新作は20年4月10日の全米公開を予定 (C)Universal Pictures
新作は20年4月10日の全米公開を予定 (C)Universal Pictures

 [映画.com ニュース]大ヒットシリーズの最新作となる「ワイルド・スピード9(仮題)」に、新たな脚本家が参加することが明らかになった。ハリウッド・レポーター紙が報じている。

 「ワイルド・スピード X3 TOKYO DRIFT」以来、同シリーズの脚本は一貫してクリス・モーガンが執筆してきた。しかし、ジャスティン・リン監督のシリーズ復帰作となる「ワイルド・スピード9(仮題)」は、新鋭のダニエル・ケイシー(「ヒットマン・リデンプション」)が執筆することになったという。

 モーガンは、ドウェイン・ジョンソン演じるホブス、ジェイソン・ステイサム扮するショウを主人公にした、「ワイルド・スピード」シリーズ初のスピンオフ「ホブス・アンド・ショウ(仮題)」の執筆に取りかかっているという。新たに抜てきされた脚本家ケイシーは、スーパーヒーロー映画のジャンルを新たな角度から描いた「The Heavy(原題)」で注目されており、同作はJ・J・エイブラムスがプロデュースすることが決定している。

 ちなみに、「ホブス・アンド・ショウ(仮題)」は2019年7月26日、「ワイルド・スピード9(仮題)」は20年4月10日の全米公開を予定している。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

人当たりは柔らかいけれど、内面は決してゆずらない今日のあな...もっと見る >