2018/05/23 06:00

来日中のウェス・アンダーソン監督、高畑勲監督ら日本の巨匠たちへの愛を語り尽くす

日本愛がとまらない!
日本愛がとまらない!

 [映画.com ニュース] 長編ストップモーションアニメーション「犬ヶ島」でベルリン国際映画祭の銀熊賞(監督賞)に輝いたウェス・アンダーソン監督と、声優を務めたジェフ・ゴールドブラム、コーユー・ランキンくんが来日。東京・TOHOシネマズ六本木で5月22日、来日記念舞台挨拶を行った。

 本作は、近未来の日本を舞台に少年と犬たちの大冒険を描いたファンタジーアドベンチャー。3人は相撲の行司風の呼び込みで入場し、カナダ出身で11歳のランキンくんは「『犬ヶ島』という素晴らしい映画に出ることができたおかげで、日本に来られてうれしいです」と流ちょうな日本語で挨拶。「ライフ・アクアティック」以来13年ぶりに来日を果たしたアンダーソン監督は、「6年間毎日、日本のことしか考えていませんでした」と冒頭から日本への熱い思いを滔々と語った。

 事前にスピーチを練習してきたというアンダーソン監督は、作品のアイデアを思い付いた2012年当時、共同脚本家たちとあることを自問したと明かし、「クロサワさんならどうするだろうか?」日本語を交えながら、改めて黒澤映画からの影響を強調。続けて、来場していた漫画家の大友克洋氏をはじめ、宮崎駿監督、そして先日死去した高畑勲監督、庵野秀明監督、今村昌平監督、北野武監督からインスピレーションを受けたと語り、仲代達也、三船敏郎、志村喬、香川京子ら名優たちのほか、浮世絵師の葛飾北斎や歌川広重、作曲家の早坂文雄らの名前を挙げるなど、日本愛がとまらないスピーチを披露した。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

人当たりは柔らかいけれど、内面は決してゆずらない今日のあな...もっと見る >