2018/05/23 16:00

「ジュラシック・ワールド」ワールドツアーがスペインでスタート!

雨の中でも大盛り上がり! (C) Universal Pictures
雨の中でも大盛り上がり! (C) Universal Pictures

 [映画.com ニュース] 世界的ヒットシリーズの最新作「ジュラシック・ワールド 炎の王国」のスペインプレミアが5月21日(現地時間)に行われ、クリス・プラット、ブライス・ダラス・ハワード、フアン・アントニオ・バヨナ監督らが会場を熱狂に包んだ。

 科学の力で現代によみがえった恐竜たちのテーマパークで起こる事件を描き、2015年の国内興行収入No.1(約95億円)の大ヒットを記録した「ジュラシック・ワールド」の続編。テーマパーク“ジュラシック・ワールド”を有するイスラ・ヌブラル島に火山噴火の危機が訪れ、恐竜たちの生死を自然に委ねるか、あるいは危険を冒してでも救い出すか、人間たちは判断を迫られる。

 ワールドツアーの始まりとなるスペイン、マドリードでのプレミアは、同地がバヨナ監督の故郷であることから実現。雨中の開催となったが、会場には、レゴで製作された主人公オーウェン(プラット)の相棒の恐竜ブルーや、オーケストラによる生演奏も実施され、ファンは大いに盛り上がった。サインや記念撮影の求めに気さくに応じたプラットは、ファンに感謝を伝えると共に「こんな象徴的なシリーズに加わることができて、興奮しているよ。(シリーズ)25周年という、僕が俳優になる以前からある伝説的な作品を皆さんに届けることができて本当に幸せだ! そして僕の1番のお気に入りはベロキラプトルだよ」と興奮気味に語った。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

人当たりは柔らかいけれど、内面は決してゆずらない今日のあな...もっと見る >