2018/05/23 19:00

リドリー・スコット監督が語る「ゲティ家の身代金」再撮影で生きた“哲学”「くよくよ考えず、やる」

土壇場で執念の再撮影を見事やり遂げた (C)2017 ALL THE MONEY US, LLC. ALL RIGHTS RESERVED.
土壇場で執念の再撮影を見事やり遂げた (C)2017 ALL THE MONEY US, LLC. ALL RIGHTS RESERVED.

 [映画.com ニュース] 「エイリアン」「アメリカン・ギャングスター」「悪の法則」の巨匠リドリー・スコット監督が、アメリカで実際に起きた誘拐事件を描いた「ゲティ家の身代金」の舞台裏について語った。

 1973年に発生した、石油王ジャン・ポール・ゲティの孫ポールの誘拐事件を基にした本作。誘拐犯から連絡を受けたポールの母アビゲイル(ミシェル・ウィリアムズ)が、息子の命を救うため、誘拐犯だけでなく身代金の支払いを拒否したゲティ(クリストファー・プラマー)とも対決することになる。完成間際の2017年11月、当初ゲティ役だったケビン・スペイシーがスキャンダルによって降板。急きょプラマーが同役に起用され、第90回アカデミー賞助演男優賞にノミネートされたことでも話題を集めた。

 スコット監督は、スペイシーのスキャンダルを受け、すぐさま再撮影を決断。公開延期も止むなしといった状況にもかかわらず、10日に満たない時間で怒とうの撮影を行い、当初の予定通りの上映スケジュールに間に合わせた。スコット監督は「素晴らしい効率の良さと、たくさんの経験だよ。そこには何のマジックもない」とさらりと言ってのけ、「僕には豊富な経験があるから、(最終的に)やらないといけないことがわかっていた。それは、基本的にケビン・スペイシーを(別の俳優と)入れ替えることだった」としつつ、「さもなければこの映画は、公開日に行き着く前に死んでしまっただろう」と当時の窮地を振り返る。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

やる気と根性がある日。何事も逃げずに、正面から立ち向かうと...もっと見る >