2018/05/24 08:00

福士蒼汰&佐藤信介監督が語る実写「BLEACH」への自信「見たことがない世界見せられる」

 [映画.com ニュース] 久保帯人氏による大ヒット漫画を実写映画化した「BLEACH」の撮影現場で、主演の福士蒼汰と佐藤信介監督が報道陣による取材に応じた。邦画としては類を見ないほどの巨額の予算を投じ、大規模セットを建設したほか、最新鋭のCGを総動員した今作。撮影の真っ只中だった2人が、手応えのほどを語った。

 2001年に「週刊少年ジャンプ」(集英社刊)で連載開始され、全74巻で全世界シリーズ累計発行部数は1億2000万部を超える同名原作を実写化。「死神代行篇」を中心に据え、霊が見える高校生・一護(福士)が、突然目の前に現れた死神・ルキア(杉咲花)から“死神の力”を与えられ、人の魂を食う“虚(ホロウ)”たちと戦うさまを描く。

 報道陣に埼玉県・三郷市の撮影現場が披露され、2人の取材が行われたのは、2016年10月31日のこと。中川水循環センターの敷地内に、駅前ロータリーを再現したオープンセットが建てられていた。一護と虚“グランドフィッシャー”が激しく戦闘したため、多くの建物が崩壊し、車が木の葉のように吹っ飛ばされるなど、街の被害は甚大だ。死神姿の一護に扮した福士はワイヤーアクションにも挑んでおり、重たい斬魄刀を振りながら何度も宙を舞っていた。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

集中力を発揮すると、思わぬ成果を上げられそう。何か一つ目標...もっと見る >