2018/05/24 08:00

是枝裕和監督が凱旋会見「安藤サクラの演技がケイト・ブランシェットを虜にした」

最高の笑顔を見せた是枝裕和監督
最高の笑顔を見せた是枝裕和監督

 [映画.com ニュース] 第71回カンヌ国際映画祭(5月8~19日)のコンペティション部門で最高賞のパルムドールを受賞した「万引き家族」の是枝裕和監督が5月23日夜、帰国し、東京・羽田空港内で凱旋会見を行った。

 日本人監督のパルムドール受賞は1997年、今村昌平監督の「うなぎ」以来、21年ぶりの快挙。「海街diary」(2015)以来3年ぶり5回目のコンペ部門で、自身初のパルムドールを手にした。是枝監督はこれまでに7回カンヌに参加。「誰も知らない」(04)では、主演の柳楽優弥に最優秀男優賞をもたらし、「そして父になる」(13)では審査員賞を受賞した。

 次回作の打ち合わせのため、米ニューヨークから帰国した是枝監督。黄金に輝くパルムドールのトロフィーと数日ぶりに再会すると、笑み。「ようやく日本に帰ってきて、スタッフのにこやかな顔を見たら、ちょっと実感が出てきました。ただ、公開は来月ですから、宣伝活動も始めないといけない。緩んだ笑顔を見せている場合でもない。公開に向けて走りたいと思います」と語った。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

他人にふりまわされず、精神的に落着いて過ごせる日。困ってい...もっと見る >