2018/05/25 02:00

【レビュー】ハン・ソロの真価を浮き彫りにする抑圧された者たちのサバイバル劇

「ハン・ソロ スター・ウォーズ・ストーリー」 (C)2018 Lucasfilm Ltd. All Rights reserved
「ハン・ソロ スター・ウォーズ・ストーリー」 (C)2018 Lucasfilm Ltd. All Rights reserved

 [映画.com ニュース] 「スター・ウォーズ」シリーズの人気キャラクター、ハン・ソロのオリジンを描いた新作「ハン・ソロ スター・ウォーズ・ストーリー」。シリーズ1作目にあたる「スター・ウォーズ エピソード4 新たなる希望」からエピソード8にあたる「スター・ウォーズ 最後ののジェダイ」までに登場した伝説やアイテムへリンクしながら、抑圧された者たちのサバイバル劇を通し、希代のアウトローの真価を浮き彫りにした。

 物語はハン・ソロの故郷・惑星コレリアで幕を開ける。帝国軍の造船所として機能し、ギャングが牛耳る世界で、身寄りのないハンは同じ境遇の少女キーラと自由を切望する。外の世界への“切符”を盗み出すが、若き恋人たちはいともたやすく引き裂かれてしまう。ひとり自由を手に入れたハンは、キーラを助けに戻りたい一心で、帝国軍のパイロットを目指す。

 3年後、帝国アカデミーを追放され、歩兵として戦場で泥まみれになっているハンが出会うのが、生涯の相棒となるチューバッカ。身体の自由を奪われ。協力し合って自由をもぎ取ったことから、一生ものの絆を築いていくさまは胸がすく。自由になったらかなえたかった夢よりも、自由をもたらしてくれた男との友情を選ぶ決断が、束縛からの解放がどれほど大きな意味を持つのかを示してくれる。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

アグレッシブに行動できる日。変化を恐れずにチャレンジすると...もっと見る >