2018/05/25 15:00

名匠フォルカー・シュレンドルフが語る、艶やかな大人の恋愛映画「男と女、モントーク岬で」

フォルカー・シュレンドルフ監督 (C)Ziegler Film/Franziska Strauss
フォルカー・シュレンドルフ監督 (C)Ziegler Film/Franziska Strauss

 [映画.com ニュース]「ブリキの太鼓」などで知られるドイツの名匠フォルカー・シュレンドルフ監督作、スウェーデンの名優ステラン・スカルスガルドと「東ベルリンから来た女」のニーナ・ホスが共演した恋愛映画「男と女、モントーク岬で」が5月26日公開する。このほど、シュレンドルフ監督が作品を語るインタビュー映像を映画.comが入手した。

 実らなかった恋の思い出を新作の小説としてつづり、その小説のプロモーションのためニューヨークを訪れた作家のマックスは、そこでかつての恋人レベッカと再会する。しかし、レベッカは別れた後に何があったのかを一切語ろうとはしない。やがてマックスがニューヨークを去る日が近づくが、出発の3日前、レベッカから恋人時代の思い出の場所、モントーク岬への旅に誘われる。

 「ブリキの太鼓」「セールスマンの死」などこれまでの作品とはがらりと変わる、恋愛映画。78歳になるシュレンドルフ監督は、「これまでの作品では、他人の人生を描いてきた。でも、自分のことを題材にしたのは初めてだ。私の経験がベースになっている」と告白。ほぼオリジナルの脚本だそうで、「過去の恋にこだわる主人公に「もう一人の自分でもある、でも理解できないとも思ってしまう」と主人公のキャラクターについて語る。そのほか、キャスティングや役者同士の相性、エドワード・ホッパーやアンディ・ウォーホルら画家に愛されたモントークという場所の特殊性などについて語る貴重な映像となっている。

 「男と女、モントーク岬で」は、5月26日から、ヒューマントラスト有楽町、新宿武蔵野館他順次公開。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

焦らずのんびりいこう。プライベートの充実に力をいれると吉。...もっと見る >