2018/05/26 14:45

安達祐実、“お金に困る役”が多いのは薄幸そうな見た目のせい!?

安達祐実の自虐トークに大爆笑
安達祐実の自虐トークに大爆笑

 [映画.com ニュース] 大谷亮平が映画初主演を飾った「ゼニガタ」が5月26日、全国16館で封切られ、大谷をはじめ、共演の小林且弥、安達祐実、渋川清彦、メガホンをとった綾部真弥監督が、東京・シネマート新宿で行われた舞台挨拶に出席した。

 物語の舞台は、銭形富男(大谷)と弟・静香(小林)が営む路地裏の居酒屋。店は、深夜0時をまわると超暴利で金を貸し付ける闇金屋に変ぼうする。厳しい取り立てで債務者たちを追い込んでいく兄弟と、金の魔力にとりつかれた債務者たちを待ち受ける運命を描く。何があっても動じない“鉄の男”を意識して役に臨んだ大谷が「どうしても感情が出てしまうこともありましたが、監督は現場の“生きた感情”は必ず生かしてくださった」と語ると、綾部監督は「大谷さんとは同い年だったので、話しやすくて仕事がしやすかった。初主演を自分が撮れるというのは嬉しかったですね」と充実の撮影を振り返っていた。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

突飛な行動をとってしまいそうな日。場をわきまえないと、変な...もっと見る >