2018/05/30 21:15

佐野玲於&中川大志&高杉真宙&横浜流星、“ガチ告白”披露に爆笑&悲鳴

和気あいあいとした舞台挨拶を展開
和気あいあいとした舞台挨拶を展開

 [映画.com ニュース] 水野美波氏の少女漫画を実写映画化した「虹色デイズ」の完成披露試写会が5月30日、東京・丸の内ピカデリーで行われ、カルテット主演の佐野玲於(GENERATIONS from EXILE TRIBE)、中川大志、高杉真宙、横浜流星、メガホンをとった飯塚健監督らが舞台挨拶に出席した。

 ピュアで元気な愛されキャラ・なっちゃん(佐野)、チャラくて女好きなモテ男・まっつん(中川)、秀才でマイペースなオタクのつよぽん(高杉)、いつも笑顔だが実はドSな恵ちゃん(横浜)、イケメン男子高校生の友情と恋を描く。撮影は昨年10月~11月に行われており、佐野が「7月くらいからリハーサルや食事会に行き、すぐに打ち解けました」と語れば、中川は「玲於くんとは初めて(共演)。初めて会ったときはめちゃくちゃ腰が低くて、ホッとしました」と和気あいあいと振り返った。

 さらに撮影時のエピソードとして、中川は「プールのシーンが過酷で」と吐露。「去年の10月末の撮影で、肌寒いわけですよ。その時期にみんなで、朝9時から夕方までプールに入り続けた。浮いてセリフを言わないといけないけど、みんななかなか浮けなくて、制服の中にビート板を仕込んでいました」と述べ、「横浜くんは、唇がアスファルトみたいな色になっていた」と苦笑を浮かべた。一方で佐野は、「みんなでごはんを食べて1回解散した後、寂しいなと思って、真宙の(ホテルの)部屋に集まったんです。監督にも『真宙の部屋に来てください』と言って、男5人でいろんな話をしました」としみじみ。飯塚監督も「ただゲームや漫画の話をしているのを見ていた時に、『この映画、いける』と思った。役の延長線の会話で、役柄が半分入っていつつ、本人たちの言葉もあって、とてもいい時間だった」と話していた。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

言葉でうまく表現できない時は、黙っていた方がよさそう。でも...もっと見る >